2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • エダマメ
  • オクラ
  • カキ
  • カボチャ
  • キュウリ
  • サトイモ
  • ショウガ
  • ジャガイモ
  • スイートコーン
  • ソラマメ
  • タマネギ
  • ダイコン
  • トマト
  • ナス
  • ハウス
  • ハクサイ
  • ピーマン
  • ブルーベリー
  • ブロッコリー
  • ホウレンソウ
  • ミニトマト
  • レタス
  • 八つ頭
  • 水稲
無料ブログはココログ

« ハウスは夏の主役達で満杯 | トップページ | トマト定植 »

2008年4月25日 (金)

新ハウス建設着工

House425 待望の新ハウス工事が先週からスタート。雨が周期的に降る悪天候で、なかなか進んでいないが、予定どおりG.W明けには完成できる見込み。というか、これを当てにしてトマト苗を育苗中なんで、できないと非常~に困る。このハウスのウリは、フルオープン。天井が全開できる設計にしており、雨天以外は露地に限りなく近い環境でトマトを栽培できること。夏場のハウストマトの味ボケの原因といわれる昼夜の温度差が小さくなることを防ぐ目的もある。病害虫被害も露地より少なくなることも嬉しい限りで、良品多収を期待したいところ。

しかし、ここにきて、問題勃発。現在、頭を悩ませているのが排水対策。ハウス手前から奥にかけての高低差がなんと1mあることが判明、大雨時は2連棟の狭間にあるトイから出る水量がハンパじゃない勢いになる、らしい。う~ん、見た目平坦な畑だと思っていたので、整地作業は不要と素人判断したのが大間違いであった。まずは、近隣畑に迷惑をかけずに排水できるよう、対策を考えねば。。

« ハウスは夏の主役達で満杯 | トップページ | トマト定植 »

コメント

ご無沙汰です。

ご存知のとおり、弊ハウスでは雨水をハウスに平行して掘ったプールに溜めて、これを高設タンクに揚げて使っています。

渇水した場合、笛田川からポンピングしますが、昨年は雨の周期がよかったのでしょうか、夏場を含めて、年3回ですみました。

基本的に蒸留水ですから、phや成分の調整が容易ですし、長年の間には土にもよいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178326/41013827

この記事へのトラックバック一覧です: 新ハウス建設着工:

« ハウスは夏の主役達で満杯 | トップページ | トマト定植 »